準備は万端に|理学療法士の学費は様々です!自分にあった学校を選ぼう

理学療法士の学費は様々です!自分にあった学校を選ぼう

準備は万端に

看護師

形式を把握することから

医療業界ではチーム医療が浸透していることから、連携力が重要であり、コミュニケーション能力が必要不可欠です。このような背景から、看護学校では学力試験に加えて面接が課されており、合格するためには対策が求められます。志望する看護学校によって面接形式が大きく異なるため、まずはそこを把握することから対策はスタートします。主だった面接形式は、面接官に対して志願者1人の個人形式、志願者が数人の集団形式、少数派ではありますが討論形式のものが挙げられます。多くの看護学校で実施される個人形式の面接は、志望動機や目標について、そして自身についてなどのオーソドックスなテーマを深く考える工夫を行いましょう。一方、集団形式や討論形式のものになると、周囲の話を聞くことや、積極性、協調性なども試されることとなります。日頃から人の話をきちんと聴くこと、そして、言いたいことはわかりやすく明確に伝えられるように習慣づけておくことが対策へとつながります。

情報は整理しておくこと

看護学校の面接で必ず問われるのが、志願者の過去、現在、未来に関することです。具体的には、看護師やその看護学校を目指すきっかけになった出来事について、高校生活などを通じて得たものなどが過去の内容です。現在については、自分の長所や短所、健康面について、日常生活や友人関係等についてなどの質問が考えられます。未来については、将来どんな看護師になりたいのか、看護学校ではどんな勉強をしていきたいのかなどが挙げられるでしょう。また、時事問題について問われることも少なくありません。ほとんどは高齢化や年金問題など、身近な医療に関するテーマとなりますから、日頃から問題意識を持っておくことがポイントとなります。このように、ご自身の過去、現在、未来について時系列でまとめ、身近な医療問題について伝えたいことを整理しておくと、準備万端で面接に臨むことができます。

Copyright © 2017 理学療法士の学費は様々です!自分にあった学校を選ぼう All Rights Reserved.